« いただきました | トップページ | 台風一過 »

2014年10月 2日 (木)

会津の佐藤真也さんからのお便りです

10月に入りました。

待望の稲刈りを迎えています。

気温は、日中は25℃まで上がりますが夜温は12℃程で、登熟には最高の気候です。

今のところ順調に作業が進んでいます。


007



立派に実ったコシヒカリが、コンバインでどんどん刈り取られます。

今年も春から始まった稲の一生が終わろうとしています。

コンバインは刈り取り、脱穀、選別作業を1台でまかない、その後、乾燥機に入りゆっくりと水分を落とします。

翌日には、籾摺り、選別、袋詰めされて検査場への運搬を待つことになります。

刈り取られた稲ワラは田圃にきれいに立てて、1年間の牛の飼料になるために天日乾燥をします。

006


気になる新米の品質ですが、今年はとても良いお米です。

気候も暑すぎず、寒くもなく、台風にも遭わず、倒伏もせずに健全に育ちました。

きれいな空気と、水の恵み、有機質を含んだ大地に感謝!感謝です!
平年より草丈が長めで、着粒数が少ないのですが、その分太陽を浴びて光合成をいっぱいしたのでしょう、1粒1粒に栄養が行き渡ったようです。

005


これから検査を受けますので、新米の出庫にはもう少しお時間がかかります。


|

« いただきました | トップページ | 台風一過 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。