« またまた秋をいただく | トップページ | イカの塩辛 »

2013年10月15日 (火)

山形から秋の味覚

おじいちゃんの故郷から旬のあけびが届きました。

084


一般に中の甘いところを食べますが、
我が家は外側の皮を食べます。

味噌と刻んだ大葉を入れます。

085


数十年前は松茸なんぞも送られてきたので、
薄切りにして贅沢にも一緒に入れたものです。

フライパンに油をひき、
皮が厚い時は蒸し焼きにします。

086


ほんのり苦みがあって、
秋にはこれを食べないと

いつかテレビで見た食べ方は、
皮を刻み味噌炒めにしていました。

丁度茄子の油味噌炒めのようでした。

好みですが、
丸まんまはやはり豪華です

|

« またまた秋をいただく | トップページ | イカの塩辛 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。