« 会津の佐藤真也さんからお便りが届きました。 | トップページ | 椿 »

2013年3月 4日 (月)

初節句

日曜日に次女が宝塚観劇をプレゼントしてくれました。

彼女の中学生時代からの仲良し母娘さんも一緒で、
楽しくランチしました。

デザートにサプライズプレゼント

061


友達もお母さんにサプライズ

こういうのってうれしくて、
ちと涙ぐんだりします。

普段ああだこうだ喧嘩もしますが、
親にこんなプレゼントしてくれるようになりました。

ありがとう

ランチもごちそうになりました。


   

日比谷は何年ぶりでしょう!

062

宝塚は中学生の時母と来て以来かな。

もう40何年になります。

あの頃の面影は全くなく、
素敵な建物になっていました。

映画が好きだったので、
学生時代は日比谷によく来ました。

スカラ座やみゆき座が今は宝塚の中に入っていました。

みゆき座の前に並びながら、
大きくなったら(大人になったら)目の前の帝国ホテルのラウンジでお茶したい!
と思っていました。


063

その帝国ホテルも変身しています。


064


数年前東京マラソンのボランティアを日比谷でした時に
帝国ホテルを見てこんなだったかと思いましたが、
宝塚から見るホテルは、
学生時代に夢見た帝国ホテルとは全く別な雰囲気でした。

宝塚はあの「ベルサイユのばら」を上演していて、
なかなかよかったです。

男性もいてファンの層は厚いです。

  

夜になって帰宅したら、
長女が初節句のお祝いのひなずしを作り終えていました。


065


長女、次女を育てている頃つくったちらしのお雛様は、
今年長女が彼女の長女のために作っていました。

私が作るよりもっときれいでした。


066

まだ離乳食を始めてないので、
ケーキはお兄ちゃんのために大好きなアンパンマンをじじばばからプレゼントしました。


067


2歳のお兄ちゃんは、
5本のローソクを最高の笑顔で何度も吹き消していました。


初めてのお節句。

そして4月からは難関の競争率を突破して保育園に通い始めます。

兄妹別々の保育園ですが、
入園できただけで幸運でした。

まだまだ入園できない子供たちがいっぱいです。

これからの長い人生が健康でありますように。

|

« 会津の佐藤真也さんからお便りが届きました。 | トップページ | 椿 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。