« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月13日 (土)

会津の佐藤真也さんからのお便りです

刈り取りに入っています。

なかなか天気が続かず、一斉に刈取作業になったので、作業に夢中になってしまいなかなか写真が撮れませんでした。

9月のお彼岸の雨で作業が出来ず、少し遅れて刈取スタートしてました。

台風の影響はありませんでしたので、無事に刈り取りです。

今年はやはり6月の低温が響いているようです。

茎数不足から一転して8月の高温で、肥料の効き方がうまくいきませんでした。

初期に吸収されるはずの有機質が遅れて分解し、その後の高温で後半に効くはずの肥料が前倒しになったようです。
自然はよめませんね。

本当に難しいです。

9月も高温が続いたので、刈り取りは水持の悪い田んぼからです。

今日はあちら、明日はこちらと、家族会議で刈り取る順番を毎日確認しています。

稲刈り作業は、朝からは出来ません。

朝露があるとコンバインの脱穀・選別作業がうまくいかないからです。

午前9時半頃までに前日に刈り取った籾摺作業や機械の整備やら準備を終え、そのうちに濡れていた葉っぱも乾き始め、それからようやくスタートになります。

そんなコンバインの始動とともに、様々な生き物も動き始めます。

下を見るとアマガエル、トノサマガエルが逃げ回り、小さな虫を捕らえようとしていたクモが一斉に空に向かってクモの巣を放ち、空中移動を開始します。

そのクモの巣が顔にかかるんです。

上を見ると、羽が乾いたトンボが一斉に飛び立ちます。

コンバインの後ろには、アオサギやカラスが小さな生き物を見つけ、何やらついばんでいますよ。

とても賑やかな田んぼの風景です。


011


春の圃場整備、畔塗り、播種、育苗、堆肥散布、耕起、微量要素散布、代掻き、田植え、除草剤散布、畦の草刈、毎日の水管理、手作業の草取り、そんな作業の最後の仕上げの刈取は、一年間の作業の反省と、太陽の恵みへの感謝の一時です。

今年もありがとう。

明日も天気がいいらしく、今日もぐっすり熟睡です。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »