« 会津の佐藤真也さんからのお便りです | トップページ | 会津の佐藤真也さんからのお便りです »

2011年10月 3日 (月)

いよいよ、平成23年産米コシヒカリの刈り取りになりました。

黄金に輝く稲穂に囲まれて、順調に作業が進んでいます。

台風の影響もなく、順調に登熟が進み、倒伏もせずにきれいな稲穂が刈り取られていきます。


0017


朝の気温は一桁まで下がり、日中は20℃と日較差が大きくなりました。

今日は曇天で会津磐梯山はきれいに見えませんが、絶好の稲刈り日和です。


0018

4月から始まった今年の稲作も、最終段階をむかえています。

6月の気温が低かったので、余計な茎数が発生しなかった分、一粒一粒のモミに養分が十分に行き渡りました。

刈り取りを進めていくとアキアカネが舞い、カエルが跳ね、そしてコンバインで刈り取られる稲ワラの香り。

1年間の疲れが吹き飛ぶ、至高の一時です。

刈り取られた後の稲ワラも大切に天日乾燥させ、かわいい牛たちの飼料になりますよ。


そしてコンバインで刈り取られると、すぐに乾燥機へ搬入し、時間をかけてゆっくりと乾燥されます。

翌日には籾摺りが行われ、調整作業で玄米の大きさを選別してから、いよいよ袋詰めです。

我が家でも獲れたての新米を、家族そろって待ちわびています。

炊き上がった時の何とも言えない甘い湯気の香り、とても楽しみです。

これからも作業を進めて倉庫へ搬入し、米穀検査を受けてから出庫の態勢になります。

皆様の食卓に届くまで、もう少しです。

今年のすばらしい新米に、ご期待ください!

|

« 会津の佐藤真也さんからのお便りです | トップページ | 会津の佐藤真也さんからのお便りです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。