« 久々の晴れ | トップページ | 会津の佐藤真也さんからのお便りです。 »

2011年6月24日 (金)

蛇腹きゅうりの酢の物

山形の親戚から沢山のきゅうりが送られてきました。

毎年頂くきゅうりで、
蛇腹きゅうりの酢の物を作ります。


0121

蛇腹に切ったきゅうりを塩水につけて、
ころ合いを見計らって(よく分からないけど1時間くらいかな?適当なもんで)
水けを絞って適当にちぎります。


赤唐辛子の輪切り数本分、
生姜のせん切り、
干しシイタケを戻して切ったもの、
長ネギのせん切り(と教えてもらいましたが、面倒なので斜め薄切りにしています)
をごま油で炒めます。


0122

ねぎは少し後から。


0123



少し炒めたら、
酢・砂糖・しょう油・塩
を投入。


0124


一煮立ちしたら、
きゅうりにかけます。



0125

夕べ遅くにつくりましたが、
一晩おいた方が味が染みます。

一晩の間にきゅうりから水も出るので、
甘酢は少し濃いめがいいかと。

好みですが。

30年以上前、
近所に住む親せきのおばさんから教えてもらって、
我が家の夏の定番になりました。

30本以上一気に作ってしまいますが、
あっちこっちに分けてしまうので、
あっという間になくなってしまいます。

きゅうりを買って・・・・・・、
となるとなかなか出来ないのですが、
頂いた時の贅沢な酢のものです。

この甘酢で、
豆あじの唐揚げを作ってもおいしい。

結構応用がきくと思います。

|

« 久々の晴れ | トップページ | 会津の佐藤真也さんからのお便りです。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。