« 夏ミカンのマーマレード | トップページ | 会津有機米研究会の皆さん »

2010年3月15日 (月)

築地でご飯

昨日、次女が
「夕飯築地のお店に行こう」と申しまして、
食べたかった「海鮮ひつまぶし」を食べてきました。

築地場外にある有名なお店だそうで、
仕事柄お客様をお連れしてランチをする次女は、
板さんと顔なじみ。
と言ってもお客様だけランチして、
彼女は待機ということもままあって。

早速お薦めの「海鮮ひつまぶし」を注文。

0035

いろいろな種類のお魚が豊富。
小さくしてのっています。

本来ならいくらがのっているのですが、
イクラが食べられない私に、
板さんがカニをのせてくれました。

プラス、ウニも多めに入れて下さいました。

写真を撮りたいのですが・・・
と言うときゅうりとすだちものせて、
彩りよく出してくれました。

画像がよくないですが、
まあ食欲を誘う桶です。

0036

ご飯茶碗とおしゃもじがついてきて、
まず一杯目はお小皿にしょうゆとワサビをとき、
海鮮桶全体にかけます。

0038


それから1/3くらいのご飯をお茶碗によそり、
そのまま食べます。

0039


お酢のご飯とお刺身がよくあって、
甘くおいしく、
良く噛んでいると最後に数の子のプチンプチンが残ります。


それから今度は桶の中身をよーく混ぜ込みます。

0040


そしてまた一杯お茶碗へ。

ウニの甘みが最高な出来栄えでした。


0041

最後の一杯は、
昆布だしのおつゆをかけます。

生ものに熱いだしをかけたお茶漬けには前から抵抗があり、
鯛茶漬けなんかは好きではなかったのですが、
チャレンジしました。

0042


なあんとこれがおいしいんでびっくりでした。

ワサビを利かして、
ササさっと・・・。

想像していたよりホントにおいしかったです。


しゃべりの上手な板さんと楽しくお話もでき、
おいしかったし、
何より娘がご馳走してくれたし・・・。

有難ーい、贅沢な夕飯でした。

ご馳走様でした。


ちなみに板さんがサービスで
炙りトロをにぎって下さいました。

0043


とろけるようなにぎりでした。

そしてゴマ油のきいた、
ちょっと焼き肉風の味付けで、
これもまた美味でした。


|

« 夏ミカンのマーマレード | トップページ | 会津有機米研究会の皆さん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。