« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

さくら

桜の開花が報道されましたが、
まだまだ満開にはなりません。


今年は寒いのでしょうか。
その分長く楽しめますが・・・。

今日は午後から晴れて少し暖かくなりました。

買い物しながらちょっと寄り道。


≪うちの裏の三丁目公園≫


0050


まだ五分咲き位でしょうか。

0051_2


でも公園はピンク色。


≪中野通りの新井小学校の歩道橋から哲学堂方面を望む≫

0052


歩道橋には桜を見る人がちらほら。


0053


三分咲き位かな。
まだまだ。


≪中野通り新井薬師公園から≫


0054


お天気がよくなって、
満開ではなくても花見客が大勢!


≪薬師公園≫

0055


ほとんど咲いてないみたいだけど、
もう宴たけなわ。


中野通りの桜祭り。

例年は桜が散ってしまっていましたが、
今年はどんぴしゃり。

4月2・3・4日
満開の桜が見られそうです


| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

おはぎとさくら

明日はお彼岸のお中日。

たーくさんおはぎを作ります。

今日はゴマとあんこの準備。

いつものことだけど
おじいちゃんとお米マイスターがゴマすりを・・・。


0044


ちょうど台所にある柱にすり鉢をぶつけて、
らくちんしてゴマをすります。

おじいちゃんは89歳なんて見えない力強さです。


0045


自称「街の巨匠」のお米マイスターも負けてません。

ゴマの香りが家中に漂います。


0046


そしてもちろん、
おばあちゃんはおいしいあんこ作り。

明日が楽しみです。


夕方買い物に。

お薬師さんの桜がキレイ!

0047


山門の左にある桜「プリンセス雅」


0049<


毎年他の桜より早く開花します。

ピンクが濃く、
かわいらしい桜です。


0048


この時期、
カメラを持つ人が多くなります。

もうすぐあちこちピンク色になります。

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

会津有機米研究会の皆さん

先日、会津有機米研究会の皆さんが
当店を訪ねて下さいました。

皆さんの「安全でおいしいお米」を作る情熱を、
お客様にこれからもお伝えしたいと思います。


今年も例年通り、
農薬を使わず温湯煮沸した種もみを使い、
できるだけ農薬を控えた昔ながらの米作りをしていただくことになりました。

001

ブログ「稲の生育記録」に
佐藤真也さんがお便りを載せてくださいます。
お楽しみに

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

築地でご飯

昨日、次女が
「夕飯築地のお店に行こう」と申しまして、
食べたかった「海鮮ひつまぶし」を食べてきました。

築地場外にある有名なお店だそうで、
仕事柄お客様をお連れしてランチをする次女は、
板さんと顔なじみ。
と言ってもお客様だけランチして、
彼女は待機ということもままあって。

早速お薦めの「海鮮ひつまぶし」を注文。

0035

いろいろな種類のお魚が豊富。
小さくしてのっています。

本来ならいくらがのっているのですが、
イクラが食べられない私に、
板さんがカニをのせてくれました。

プラス、ウニも多めに入れて下さいました。

写真を撮りたいのですが・・・
と言うときゅうりとすだちものせて、
彩りよく出してくれました。

画像がよくないですが、
まあ食欲を誘う桶です。

0036

ご飯茶碗とおしゃもじがついてきて、
まず一杯目はお小皿にしょうゆとワサビをとき、
海鮮桶全体にかけます。

0038


それから1/3くらいのご飯をお茶碗によそり、
そのまま食べます。

0039


お酢のご飯とお刺身がよくあって、
甘くおいしく、
良く噛んでいると最後に数の子のプチンプチンが残ります。


それから今度は桶の中身をよーく混ぜ込みます。

0040


そしてまた一杯お茶碗へ。

ウニの甘みが最高な出来栄えでした。


0041

最後の一杯は、
昆布だしのおつゆをかけます。

生ものに熱いだしをかけたお茶漬けには前から抵抗があり、
鯛茶漬けなんかは好きではなかったのですが、
チャレンジしました。

0042


なあんとこれがおいしいんでびっくりでした。

ワサビを利かして、
ササさっと・・・。

想像していたよりホントにおいしかったです。


しゃべりの上手な板さんと楽しくお話もでき、
おいしかったし、
何より娘がご馳走してくれたし・・・。

有難ーい、贅沢な夕飯でした。

ご馳走様でした。


ちなみに板さんがサービスで
炙りトロをにぎって下さいました。

0043


とろけるようなにぎりでした。

そしてゴマ油のきいた、
ちょっと焼き肉風の味付けで、
これもまた美味でした。


| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

夏ミカンのマーマレード

例年通り、
西鎌倉に住む店主の二番目の姉が、
夏ミカンを送ってくれました。


0029


段ボール箱にいっぱい詰まった夏ミカンは、
春の匂い。

姉の家の庭になっているのは見たことはないのですが、
たぶん素晴らしい景色になっていることと想像します。


今年はいつもより木においておいたそうで、
例年に比べると酸味が強くなく、
食べやすいような・・・。

我が家はそのままで食べず、
早速マーマレードに。

今年はおばあちゃんの指の具合が悪いので、
皮から身を出すのも一人で・・・。

いつもだと皮を刻むだけなので、
楽チンしていました。

おばあちゃんの有難さ痛感!


でもまあがんばって身を出し、
皮を刻み、
煮てグラニュー糖を入れ、


0031

湯気の中から、
甘ーい香りと、
酸味の香りがたちこめ、

0030


手間はかかるけど、
やっぱり自家製はおいしい!
と一人悦に入って満足しています。


0032


もう後一瓶で去年のマーマレードを食べ終わるところでした。

タイミング良く今年のが作れました。

無農薬の夏ミカンのマーマレード、
姉に感謝!


| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

山形から

おじいちゃんの山形の親戚の方が
野菜を送って下さいました。


0022

わさび菜をはじめ、
サラダホウレンソウ・アスパラ菜・プチヴェール
ふきのとう・・・。

ありがたーい野菜です。

早速わさび菜とホウレン草はサラダにしました。


0023


サラダ菜とクレソンとかいわれがあったので一緒に入れました。

こういう時は、
塩・こしょう・オリーブオイルのみ、
ただただ単純にざっくり混ぜていただくと最高です。

まあ、新鮮でやわらかくておいしかった


それからふきのうとを酢味噌で食べました。

0024


ふきのとうは茹でません。

0025


適当に刻んでざるにあけ、
熱湯をかけ水を切ります。

0027


酢味噌を作って(我が家は山形の麹味噌なので、すり鉢であたります)

0026


ふきのとうにかけて、
出来上がりです。


0028


このほろ苦いかおり。
春の匂いがします。

新鮮なふきのとうは、
やわらかく、香りも濃いですねえ。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »