« おばあちゃんの白菜漬け | トップページ | 安納芋(あんのういも) »

2009年11月30日 (月)

紅玉のジャム

今年もまた紅玉のジャムを作りました。

315


毎年皮をむいて刻んで煮ていましたが、
一昨年だったか教えていただいたのは、
フードプロフェッサーでガアーッとやった後煮るといいと・・・。

一度はやってみたものの、
1ケースも煮るとなると面倒で・・・。

そして今年、
ない頭で考え、
皮付きで煮てその後ハンドブレンダーで、
ガアーッとやったらいいのでは・・・。

でやってみました。

316


皮付きのまま刻んで、
グラニュー糖で煮ます。

柔らかくなったブレンダーで
ガアーっと。


317


ちょっとポタージュみたいで・・・。


318


できたら瓶詰めして、
脱気して出来上がりです。

この時先日買った、
シリコンのミトンが活躍します。

319_2


欲しかったミトンです。
しかも5本指ので、
重宝しています。


320


布製は濡れたり汚れたり・・・。

でもシリコン製は洗えるし、
5本指がある程度動かせるし、
熱ーいお湯の中に入れても大丈夫だし・・・。

でジャム作りや、
オーブンに便利しています。

つかえる奴です。

2晩作りましたが、
これまた同じようにできなくて・・・。


321


右の2個の方がいい色です。

それにあっさりと出来上がりました。
こっちのほうがすきですが。

多分、
たぶん煮過ぎるともったりしてしまうようで・・・。

以前のように皮剥いて、
ただ煮ただけだとあっさり仕上がりますが、
ブレンサーでガアーッとやると、
とろみというか、
そんなかんじになってしまって、
だからブレンダー使う前は、
サッと煮た方がいいようです。

アバウトな作り方なので、
(リンゴの数も、グラニュー糖の分量も、煮る時間も)
その時々で反省点も多いです。

ちょっと簡単にジャム作り、
でも奥が深ーーい、
と感じた今日この頃でした。

|

« おばあちゃんの白菜漬け | トップページ | 安納芋(あんのういも) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。