« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

紅玉のジャム

今年もまた紅玉のジャムを作りました。

315


毎年皮をむいて刻んで煮ていましたが、
一昨年だったか教えていただいたのは、
フードプロフェッサーでガアーッとやった後煮るといいと・・・。

一度はやってみたものの、
1ケースも煮るとなると面倒で・・・。

そして今年、
ない頭で考え、
皮付きで煮てその後ハンドブレンダーで、
ガアーッとやったらいいのでは・・・。

でやってみました。

316


皮付きのまま刻んで、
グラニュー糖で煮ます。

柔らかくなったブレンダーで
ガアーっと。


317


ちょっとポタージュみたいで・・・。


318


できたら瓶詰めして、
脱気して出来上がりです。

この時先日買った、
シリコンのミトンが活躍します。

319_2


欲しかったミトンです。
しかも5本指ので、
重宝しています。


320


布製は濡れたり汚れたり・・・。

でもシリコン製は洗えるし、
5本指がある程度動かせるし、
熱ーいお湯の中に入れても大丈夫だし・・・。

でジャム作りや、
オーブンに便利しています。

つかえる奴です。

2晩作りましたが、
これまた同じようにできなくて・・・。


321


右の2個の方がいい色です。

それにあっさりと出来上がりました。
こっちのほうがすきですが。

多分、
たぶん煮過ぎるともったりしてしまうようで・・・。

以前のように皮剥いて、
ただ煮ただけだとあっさり仕上がりますが、
ブレンサーでガアーッとやると、
とろみというか、
そんなかんじになってしまって、
だからブレンダー使う前は、
サッと煮た方がいいようです。

アバウトな作り方なので、
(リンゴの数も、グラニュー糖の分量も、煮る時間も)
その時々で反省点も多いです。

ちょっと簡単にジャム作り、
でも奥が深ーーい、
と感じた今日この頃でした。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

おばあちゃんの白菜漬け

今年初めて白菜をつけました。

おばあちゃん、
大活躍です。

310


我が家は二度漬けするので、
今日は1回目。
塩はたっぷりめで漬けます。


312


重ーい石をのせて
出来上がりです。

数日したらおいしい白菜漬けになります。


314


| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

またまたのお魚

夕べ長女の友人から
またまた釣りたてのお魚をいただきました。

いなだ です!

308


流しの中ですが・・・。


夕飯は終わってしまいましたが、
せっかくの釣りたて。

「ちょっと前まで海で泳いでいました」
という彼の言葉で、
よし!明日お刺身でいただこう、
と夜がんばっておろしました。


そして今日の夕飯は
お刺身でした。


309


何回やってもど素人で、
たぶんお刺身のセンスも無く、
でもまあこんなもんかな?
とつくりました。


さすが釣りたて!
今日になってもおいしかった!

今年は散々楽しませていただきました。
ありがとう

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

いわし

昨日ちこ鰯をいただきました。

305


1ケースめいっぱいです。

新鮮な鰯、
刺身にでもして、
とのこと。

早速作りました。

一つはお酢だけで煮ました。

306


家中がお酢の匂いになり、
ちょっとむせます。

でも骨まで柔らかくなりおいしいんです。

おかかをかけていただきます。
男子はあまり食べたがらないですが、
息子は大好きです。

次の日の方が、
酢のあたりが柔らかくなります。

で、お刺身より多く作ればよかったと反省。

お刺身は・・・
殆ど食べてしまいましたが・・・

307


ねぎ・しょうが・大葉など
薬味をたっぷりかけていただきます。

ヘタながら手をかけたものは
おいしいですねえ。

|

2009年11月18日 (水)

胚芽米について

お米は栄養バランスのとれた素晴らしい栄養食品です。

その中でも胚芽米はビタミンE・B郡やカルシウム・鉄分を多く含んでいます。

ビタミンEは血中のコレステロール値を下げたり、血行を良くする働きがあり、若々しさを保つビタミンといわれています。

また生活習慣病予防にも効果があります。

化学肥料や農薬を多量に使用した米の場合、胚芽の部分にその成分が集約される事が考えられます。

当店では、種もみの消毒から収穫後の保管まで、最も農薬使用の少ない農家さんのお米を選んで胚芽米に精米していますので、安心して召し上がってください。

≪契約農家さん≫ 玄米の残留農薬検査で農薬の残留は一切ありません。

〈会津有機米研究会  代表 佐藤 真さん〉
   住所  福島県河沼郡会津坂下町大字福原字福川原940 
   電話  0242-83-0906

〈橋谷田 淳さん〉
   住所  福島県耶麻郡西会津町野沢館ノ下甲122
   電話  0241-45-2088

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

無農薬米について

毎度当店をご利用頂きありがとうございます。

21年産の無農薬・無化学肥料栽培米も無事収穫となりました。
今年は夏型の天候が安定せずに、8月中旬まで雨の多い年でした。

生産者の方々は例年にも増して農薬を使わずに雑草、病害虫を防ぐのは大変でした。

収穫量は少なめでしたが、三人の農家さんのおかげで当店の年間販売量は確保する事が出来ました。

≪生産者の方々≫

大島正晃さん
  茨城県筑西市桑山3465-3 ℡ 0296-57-4046
  〈土作り〉     高級有機肥料と自家製の完熟堆肥を施用。
  〈種もみ消毒〉  農薬を使わず、60℃の温湯で処理
  〈除草〉      除草機と手取り除草。

橋谷田 淳さん
  福島県耶麻郡西会津町野沢字館ノ下甲122 ℡ 0241-45-2088.
  〈土作り〉     有機肥料中心
  〈種もみ消毒〉  60℃の温湯処理。
  〈除草〉      田んぼに紙を敷き詰めて雑草の発生を抑える。

斉藤武美さん   
  福島県河沼郡河東町40  ℡ 0242-75-3363
  〈土作り〉     米ぬか・鶏糞を主体とした有機肥料
  〈種もみ消毒〉  EM菌を使用
  〈除草〉      田んぼに紙を敷き詰めて雑草の発生を抑える。


当店は、大島さん・橋谷田さん・斎藤さんの順番〈リレー方式〉で販売します。

尚、大島さんは茨城県認証、橋谷田さんの一部の米と斎藤さんの米、はJAS有機米の認証を得ていますが、当店は小分け業者の認証を取得していませんので、米袋は生産者の氏名と特別栽培米の表示になります。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

マグロのかぶと煮

近所の友人からまぐろのかぶと煮(っていうのでしょうか?)をいただきました。

302


まあ、見事でした。
こんなにいただいてしまっていいのかしらん?

友人宅は2ついただいたので、
我が家に1つ下さったそうで・・・
いただき生活!
有難い


さて夕飯の時間になり、
これはもちろんメインですが、
どのようにして温めたらよいか・・・。

友人は「チン!」でなくて
お鍋で温めたそうで。

で友人に教えてもらったように、
炒め鍋にたれを入れて、
蒸すようにして温めました。


303


まあ、いい匂いがして、
期待しました。


304


そして期待は裏切られる事なく、
おいしかったです!

もっとぱさついているのかと思いきや、
柔らかくホントにおいしかった


いただき生活は、
ありがたいです。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

夕べに続き・・・

夕べは
豪華な夕飯でしたが、
もしかして今晩も・・・

で、素敵な差し入れをいただきました、

300


もつなべ・・・
とくれば英世君の
「焼き鳥  二代目 平八」
      
季節がら
もつ鍋が始まりました。

体がしんから温まるんです。

それから

301


豚のレバー。
うちの人達大好きです。

ありがたいことで、
今晩も感謝です。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

寒椿とお刺身

31年前友人がプレゼントしてくれた寒椿が、
今年も花を咲かせました。


298_2


ずぼらな我が家ですが、
ご近所の方がここ数年毎年手入れしてくださり、
可愛らしい花を咲かせてくれます。

もらった時は数十センチの細い木でしたが、
今はりっぱな枝を張っています。

毎年楽しみにしています。


それから今晩はこんな超豪華な夕飯でした。

299


先日お見舞いをしたのですが、
快気祝いと、
ご主人の還暦祝いと兼ねて
こんな豪華なお刺身を持って来て下さいました。

いやー、
おいしかったです

冷たい風の吹く夜でしたが、
家族みんなであったかい気持ちでいただきました。

ごちそうさま

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

プチ 紅葉

昨日の日曜日、
甲州街道を走りました(もちろん車で)。


295_2


街路樹が色づいて、
プチ紅葉を見ることができました。


296_2


デジカメを持っていなかったので、
携帯で撮ったのですが、
さすがに画像が悪く、
でも秋です


297_2


八王子から高尾に向かえば、
かなり素敵な街路樹が見られたはすですが、
残念!
そこまで行きませんでした。

でも秋を感じた、
ささやかな日曜日でした。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »