« 山形から | トップページ | 大島さんの新米到着! »

2009年10月 2日 (金)

会津の佐藤真也さんからのお便りです

コシヒカリの刈り取りが始まりましたのでご連絡させて頂きます。

10月1日、待ちに待ったコシヒカリの刈り取りが始まりました!

014

今年は幼穂形成期(会津では7月20日頃です)の天候が良くなかったせいか、
穂がやや短いものの、茎も葉っぱもバリバリと音を立てる程のりっぱな、
そして健全な姿です。

穂を稔らせるための稲体がしっかりしているので、登熟も理想通りに進みまし
た。

一つの穂には120粒の籾がたわわに稔っています。

写真では色合いがよく伝わらないかもしれませんが、コンバインで刈り取りを
進めていくと、黄金のじゅうたんを歩いているような感覚で、そして何とも言え
ない香りが漂って来るのです。

017


これぞ収穫の喜びですね。

刈り取りの時に青い色の作業着を着ていたので、まるで宮崎映画の「風の谷の
ナウシカ」のラストシーンのようです。

「その者、蒼き衣をまとい金色の野に降り立つべし~」と、オオババ様が例える
ところです(余談でした)。

刈り取って脱穀された稲ワラは、きれいに並べられて自然乾燥し、牛たちの一
年間の粗飼料になるので、こちらも大事に取り扱ってます。

016


刈り取りの後は、父が50年間培った技術を生かして、最後の「乾燥・調整」作業
に入ります。

余り温度を上げずにゆっくりと乾燥し、籾摺り、選別の行程を踏んで、米穀検査
を受けることになります。

そしてようやく、出来たての「会津コシヒカリ新米」をお届け出来るようになりま
す。

それまでもうしばらくお待ち下さい。

皆様方に喜んで頂けますように、今年も精一杯携わって参りました。

是非、ご賞味下さい。ありがとうございました。!

|

« 山形から | トップページ | 大島さんの新米到着! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。