« 韓国家庭料理「珍味」さん -2- | トップページ | 大島さんの無農薬米コシヒカリ到着! »

2008年9月30日 (火)

サンゲタンもどき

日曜日に「珍味」さんで、
サンゲタンが食べられなかったせいではありませんが、
夕飯にサンゲタンもどきをしました。

以前友人が教えてくれたのですが、
これが結構イケテル味なのです。

骨付きの鶏はぶつ切り。
もち米は洗ってお茶パックに入れます。

鍋に鶏肉と水を入れて、
煮立ったらアクを取り、
お酒をドボドボと沢山入れます。
スープは多目がいいです。
お米が吸ってしまうので、
出来上がったらスープがなかった、
という失敗がありました。

もち米も入れます。
にんにくは切らないで丸ごと。

0241

細火でことこと肉が柔らかくなるまで・・・


それからきのこ・たたいたごぼう等適当に入れます。

以前はごぼうはささがきにしていたのですが、
義姉からたたくというのを教えてもらいました。
すりこぎでまな板の上でたたきました。
ちょっと歯ごたえを残すととおいしいですが、
お年寄りには親切でないです。

0242


ごぼうが柔らかくなったら、
食べられます。

スープには少しお塩を入れます。

0243

ごま油に塩を入れたもの、
柚子こしょう、豆板醤など
好みの薬味でいただきます。

スープがおいしい
お茶パックから取り出したもち米のおかゆも、色々なエキスがしみ込んでいい味です。
とても熱いので注意してください。
にんにくはとろけそうです。

寒い夜なんぞ最高においしいです。

これからの季節、
安くて体があったまって、
家族の評判もいいし・・・

是非お試しを


|

« 韓国家庭料理「珍味」さん -2- | トップページ | 大島さんの無農薬米コシヒカリ到着! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。