« 餅つき前夜 | トップページ | 元旦 »

2006年12月30日 (土)

餅つき

26日・27日・29日は餅つきでした。

初日は大嵐でびっくりでした。
12月にこんなに雨が降るなんて!

配達は大変でした。
餅も米も濡らさないように気を遣って
いつもの配達より数倍の時間がかかりました。

171ひやかしたもち米の水を切ります。

170_2
米を蒸かします。
このボイラーの音が暮れの音です。
ご近所の方々は、是がないと年が明けない、とおっしゃってくださいます。


蒸かした米を機械に入れると
つきたての餅になって出てきます。
(マチダヤさんの印丸さんによると
この機械は「もち太くん」だそうです。)

味のマチダヤ
http://www.ajinomachidaya.com/

177のし餅の型に入れてキレイに整えます。
単純な作業ですが、
力もいるし、腰も痛くなるポジション。
ベテランのおばちゃんに混じって、
若者もがんばります。

175_110時と3時はお茶タイム。

176_1粉で真っ白になって
和気あいあい。

173お米マイスター、
実はおじいちゃんと共に、お供え造り名人。

172_1出来上がったお供えは
照りと腰高を保つため
うちわであおぎます。
冷めてからも風に当てると割れてしまうので
保管に気を遣います。

168

この数日間は一年で最も忙しい日々です。
でも毎年、お客様から「おいしかった!」の一言を頂くことが
何よりうれしい日々でもあります。

おかげさまで今年は完売しました。
お店に来ていただいたのに
売れきれ!てゴメンナサイ。

忙しい、忙しい と思っていたら
お供えとのし餅の写真を撮るのを忘れていました。
すみませんでした!


|

« 餅つき前夜 | トップページ | 元旦 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。